読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり綴る

うつ病栄養士の崖っぷち人生!

花粉と私の仁義なき戦い

日常 闘病
こんにちは柚餅子です。
実は先日家に猫が来ました!
メインクーンのオスで、3ヶ月です!
可愛いしふわふわだしヤンチャではあるけど、そこも愛おしい我が家のアイドルです!
ちなみに名前はまだ決まっておりませんが近日中にはつけたいと思っています!

f:id:yubeshi85:20160310132428p:plain

 

さて、とうとう花粉がピークを迎えましたね。

毎年スギ花粉と戦っている私には辛い時期です。
スギ花粉といえば、何を隠そう私は杉並木が存在する栃木県民でした。就職に際して栃木から出たので今は違いますが、昔は家にも杉があって花粉症を悪化させる原因が家だったこともあります。
 
杉並木はすごいですよ。
一回通るだけで車のフロントが花粉で黄色くなりますから。
車も黄色くコーティングされます。特に白とか黒の車はよく黄色くなってるの見ましたね。元の色的に黄色が目立つんでしょうね。
そんな杉並木から車で40分程度しか離れてないところに住んでいた私は、それはそれはひどい花粉症でした。
病気は気持ちで治る説を唱える我が家ですので、小さい頃は病院にもほとんど行けなくて辛かった記憶があります。
あの頃は、鼻詰まりで口呼吸で、口呼吸してるから喉がやられて声も出ないし、口呼吸してるから口を閉じてしまう為ご飯が苦痛で、熱は常に37.5度以上あって、目なんて開けられないほど痒かったです。
こんな状態でも気合で直せると言われてしぶしぶ薬にも頼らず戦い続けた私ですが、今は薬頼みです。あはは。
 
薬はいいですよー。
花粉に対抗する唯一の手段じゃないでしょうか。
マスクとかしてたって結局花粉に晒されるし、外に出たらジ・エンドな世界で生きていくためのキーアイテムは薬だと思います。
体の中から免疫抗体に働きかけないと結局は辛いんですよね。
体は免疫反応として正常な反応してるわけでからね。それを抑えるって言うんだから薬でもなきゃ抑えられないですよ。
 
そんなわけで私薬という武器を片手に装備して日頃過ごしているわけですが、その薬も症状が出てから飲んでるんじゃなきゃ遅いんですよ。知ってました?
症状が出る前から飲んでこそ薬は効果を発揮するんです。
あらがじめ免疫に働きかけておいて、いざ花粉が入ってきても反応しないようにしておく必要があるんです。
反応が起こってから飲んでも、起こってしまった反応を抑えるのはなかなか難しいんです。
一度体内に入ってしまった花を体外に出すことはほぼ不可能。反応が起こった場合は、体内に入ってしまった花粉分は苦しむことになります。
でも、これかは起こることを予防するのは簡単。
反応が起こらないようにしておけばいいんですからね!
 
てなわけで、私はいつも花粉が飛び始める一ヶ月前から薬を飲み始めます。
そうしたら苦しまないし、コンタクトもできるし、声も枯れることがないんですよ!
花粉との戦いは花粉が現れる一ヶ月前から始まっているんです!
皆さんもぜひ前もって予防してくださいね!
では今日はこの辺でー!
 

 

参加しています。ポチッとよろしくお願いします↓


闘病記ランキングへ