読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり綴る

うつ病栄養士の崖っぷち人生!

めざせ!フリーランス一年生!

こんにちは柚餅子です。

お久しぶりの更新ですね。

なんだかんだで忙しくって、今週。

その忙しさの原因は、ズバリ、フリーランスになる準備でです!

f:id:yubeshi85:20150929125145j:plain

 

この度、うつの再発、自分が命令されて行うオフィス業務に向かないという事実の再確認を経て、とうとう吹っ切れました。

オフィスなんかにもう行かない!

自分の仕事は自分で管理する!

そう、決意を新たに動かない体でなんとか今日まで準備をすすめてきたわけです。

f:id:yubeshi85:20150929130027j:plain

 

肩書は、フリーランス栄養士。

学年(経歴)0年生の私はまず、フリーランスってどう生きていくのかを知らなかった。

 

いざ、療養期間で会社もお休み(クビになるかもしれない瀬戸際)なんだからパーッと派手にやろうと、とりあえずホームページを作成しました。

これこれ↓

http://nutrition-to-think.jimdo.com/

 

で、作ってみてから思った、これって仕事来るの?って。

だってこんな経歴もない栄養士のなんかよくわかんないサイトに誰が来てくれるんだろう?って。

そう思った私は、フリーランスの教科書を探し出しました。

どんなことにも先人の知恵は必要。勉強することで私は生きていけるようになるのではないかと思ったのです。

 

で、まずこれ。

フリーランスって検索したら一発で来たのがこの本。

中身は、一人のフリーランスの人が、フリーランスとは何なのかを自由という目線で書いている本です。

全ては自己責任の世界。自分の力量をきちんと見極めることのできるものこそがプロフェッショナルフリーランスなんだそうです。

フリーだからこそ気をつけなければいけないこと、フリーだからこそできること、それらをこの本で学びました。

「自らの人生に、常に、主導権をもつこと!」

この本で一番最初に目についた言葉です。

確かに、今まで親や、社会、会社の偉い人達に自分のことを任せすぎたなと思いました。

これからは、やらなくちゃいけないことより、やりたいこと!

自由がモットーのフリーランスだからできる生き方をこの本を通して学びました。

 

しかし、これだけでは勉強にならない。

様々な人の意見を取り入れ自分で選択することこそが求められているのにこれだけ読んだのではな、と思って買ったのがこれ。

この本はまさに教科書みたいでした。

フリーランスで生きていくためのお金のことですとか、確定申告について等。フリーランスで生きていこうとしたら確実にぶち当たる問題を詳しく解説してくれています。

少し専門的なものになるので、本とか読まないもん!って方には読みづらいかもしれませんが、お仕事を始める前に必ず読んで欲しい一冊です。

 

で、以上を踏まえ、私は 絶望しました。

だって仕事こないとかコネ使えとか書いてあるんだもの。

私にそんなもんあるわけ無い。まだ21のガキなんですけど。

 

そこで、ひらめいたのが、クラウドソーシング!

以前、私の好きなブロガーさん(フリーランスさん)も言っていたクラウドソーシング。確かにコネはないけれど、直ぐに仕事はしなくてはならない私にはうってつけのサービスでした。

思い立ったが吉日!

早速登録と応募をしてみたのですが、単価が安い!!

探しれみれば単価の高い、高収入のものも出て来ましたが、オススメ欄に表示されてる案件のどれもが、頑張っても月1万とかの世界。

なんだか噂には聞いていましだが、こんなにも安いなんて…。

とにかく高い案件を応募しまくり、なんとか審査まで通りましたが、本採用はどうなんだろうか…。

 

優しくない世界だってことくらい、承知で飛び込んだけど、フリーランスって思っていた以上に苦労しそうです。